子どもの英会話Q&A!英会話教室「セイハ英語学院」さんに聞きました!春の無料体験and入会キャンペーン開催中!


子どもの成長に伴って、ママたちが考えることの一つが“子どもの習い事”。

「将来、子どもの可能性が広がるように・・・」そんなママ&パパの思いに応えて、今日はこんな記事を書いてみたいと思います♩

中でもいつからはじめたらいいか気になる英会話・・・・。

英会話教室「セイハ英語学院」さんから子どもの英会話教室について、みんなの疑問を教えてもらいましたよ♩

クラス、講師やレッスンは英会話教室によってもさまざまですのでこの機会に

英会話教室のHPなどチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

実際に、英会話教室(セイハ英語学院)に通っている生徒やママの生の声を聞いてみました!

Q1、英会話教室で楽しいことはなんですか?

・歌って踊ることが楽しいです!

・英語の歌やゲームをすること!

Q2、英語を習って良かったことはなんですか?

・テレビを見ているときにいきなり英語で「hippo‼︎」(カバ)と言ったり、家で英単語がでてくることが多くなってきました。またGood morning. Good night. Thank you. など日常生活で当たり前に使っています。【3歳  セイハ歴:2年半】

・おもしろい外国人の先生に会えること【 5歳 セイハ歴:2年半】

・学校の授業でネイティブの先生が話をしていても理解ができる。発言も進んでいる。【 7歳 セイハ歴:5年】

 

みんな楽しみながら自然と英語が身に付いているよう♩

では実際どんなレッスンなのでしょう??セイハ英語学院さんの場合のレッスンをご紹介していきます♥

セイハ英語学院 って?

30年以上の実績があり、全国に500以上の教室を持つ英会話教室♩

三重県では、伊勢、松阪、津、鈴鹿、四日市、桑名などのショッピングセンターに16教室も展開されています!

セイハ英語学院の特徴をまとめてみました。

こだわり① 外国人と日本人の講師 セイハ独自のティームティーチング

セイハでは、外国人講師と日本人講師が力を合わせて指導にあたります。日本人講師がいることで、きめ細やかなフォロー(レッスンのみならずコミュニケーションタイムや保護者面談など保護者様への安心感)があり、また、外国人講師の生の英語を吸収でき、異文化に触れられ、さらに外国人とコミュニケーションをとる実践の場があります。

こだわり② ショッピンセンター内だから通いやすい!

ほとんどの教室が全国イオン、アピタなどのショッピングセンターにあり、通いやすく、お買い物にも便利!転校も可能です♩多くのママから通い易いと定評です。

こだわり③ 無料振替と月謝制 

お休みしても無料で、別の曜日にレッスンが受けられます。

経済的で、無理せず、楽しく続けられ、通っている保護者の方からも喜ばれているそう♪

さらにご兄弟の入会時には、入会金や教材費の割引など、とても通いやすい環境です。

セイハ英語学院に通われている方に満足度を聞いてみました!

また「0歳からの英会話」をキャッチフレーズに多彩なクラス設定ときめ細やかな楽しいレッスン内容が展開されています。

オリジナルカリキュラム、教材フォニックスで英語の読む力を付けることができます♩

そんなセイハ英語学院、春のキャンペーンも開催しているそう♥︎無料体験レッスンを実施中です。

ちょっと気になった方、どんな感じか体験してみたい方には、うれしいキャンペーン♬

東京オリンピックが開催される2020年から、小学3、4年生は英語が週1〜2回の授業の必修、小学5、6年生は成績がつく教科になるため、英語が勉強になる前に英語を好きになれるように、0歳から体験に来られるお子様や英語を始めるお子様が増えてます。

この機会に体感してみては、いかがでしょうか(^^)

問い合せ 

セイハ英語学院  

フリーダイヤル 0120ー815ー718   

※詳細は、教室スタッフまでお気軽にお尋ねください♩

HP https://www.seiha.com/

【セイハ 】にて検索!!  HPには教室日記なども掲載中です。

この記事を書いた人

WIRE@yoshikawa
WIRE@yoshikawa
ワイヤーママ編集スタッフ歴8年目。子連れで行けるカフェや味覚狩りスポット、遊びのスポットならお任せください^^スキなコト、カフェめぐり、DIY、インテリア、写真、ファッション、バレーボールetc

みんなの評価 
興味なしあまり興味なしふつう面白かったとっても面白かった (9 回の評価がありました。, 平均/最大: 4.89 / 5)
Loading...
★を選択してこの記事を評価してください。
2019-02-26 | Posted in ライフスタイルNo Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です