短時間でお手軽に“思い出係編” “あそび編”


子どもは、どんどん大きくなっていく。

今、子どもと過ごすこの瞬間はもう二度と来ないと思うと、何らかの形で残したいなと思うものだ。

本格的なカメラがなくたって、手軽に残せる思い出。

後で家族みんなで見返して楽しむ時間もステキだ。

毎朝1枚の「行ってきますショット」

用意するもの・・・スマホのカメラ機能

毎朝、仕事に行く前に、見送ってくれる子どもの「行ってらっしゃ〜い」をパシャ。

毎朝同じ場所で、同じアングルから撮影すると、成長がわかりやすくて◎

サッとメモする「かわいい日記」

用意するもの・・・メモ帳

かわいい一言やしぐさなど、日常生活で見られる子どものかわいい一面を短くメモ。

今だけのかわいさがつまった一冊に!

(例)夕食の準備のお手伝いで、家族分の箸を一生懸命並べてくれた!

   今日幼稚園でやったという手遊びを楽しそうに教えてくれた。

   ふと気づいたら、座った状態のまま寝ている・・・  等

大人になると何気なくしていることも、子どもにとっては“遊び”だったりする。

数を数えるとか、手を叩くとか、葉っぱを拾うとか。

だから、「遊ばないと」って難しく考える必要はない。

子どもとできる、ささやかな日常を“遊び”に変えるアイデアをご紹介!

休日におススメ「父と子のひと駅旅」

電車でひと駅、バスでひと区間・・・わずかな道のりを、あえて乗り物に乗って移動してみよう。

乗り物に乗るだけで気分はお出かけ!

窓からの景色を楽しんだり、おやつを持って行ったり、帰りは歩いて帰ってきたり・・・など思い思いの遊び方アレンジで楽しめる。

お風呂タイムに「思い出クイズ in お風呂」

お風呂は絶好のコミュニケーションタイム。

湯船につかって、ひと味違ったクイズゲームをしてみよう!

昨日の晩ご飯のおかず、車の中で一緒に歌った歌・・・思い出せるか、勝負だ!

以上、短時間でお手軽にできる思い出の残し方、あそびのアイデア。

家族の数だけ、オリジナルの方法があるはず!

忙しいあなたの“10分前後でできる◯◯!”を教えて下さい♪

あなたはどのようにしていますか? 

内容の確認

この記事を書いた人

WIRE@noma
WIRE@noma
食べること、旅行、雑誌、地元伊勢が大好き * ワイヤースタッフになってまだまだ浅いですが、たくさんのママたちに出会って、いろんなことを日々吸収しむくむく育っていきたいです!Instagramの輪も広げたいな ◎

みんなの評価 
興味なしあまり興味なしふつう面白かったとっても面白かった (5 回の評価がありました。, 平均/最大: 4.80 / 5)
Loading...
★を選択してこの記事を評価してください。
2016-03-31 | Posted in パパ, パパネタNo Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です